收藏

草間彌生ルイヴィトン財布編集

(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON バッグ LOUIS VUITTON M91426 ヴェルニ ドットイン アクセポーチ ショルダーバッグ インフィニティジョ―ヌ 草間彌生[並行輸入品]
__183,33000
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON バッグ LOUIS VUITTON M91426 ヴェルニ ドットイン アクセポーチ ショルダーバッグ インフィニティジョ―ヌ 草間彌生[並行輸入品] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ルージュ M91428(BF062224)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ルージュ M91428(BF062224)[中古] 
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON モノグラム ヴェルニ ドット インフィニティ ポシェット アクセソワール M91426 バッグ ポーチ レディース ジョーヌ イエロー 草間彌生 [並行輸入品]
__150,12000
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON モノグラム ヴェルニ ドット インフィニティ ポシェット アクセソワール M91426 バッグ ポーチ レディース ジョーヌ イエロー 草間彌生 [並行輸入品] 
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON モノグラム ヴェルニ ドットインフィニティ ポルトモネ・シャポー M91570 コインケース レディース ルージュ レッド 草間彌生 [並行輸入品]
__52,92000
(ルイ・ヴィトン) LOUIS VUITTON モノグラム ヴェルニ ドットインフィニティ ポルトモネ・シャポー M91570 コインケース レディース ルージュ レッド 草間彌生 [並行輸入品] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ジョーヌM91426(BF062225)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ジョーヌM91426(BF062225)[中古] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ジョーヌM91426(BF074096)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONポシェット・アクセソワール ハンドバッグ 草間彌生(YAYOI KUSAMA) パンプキンドット ジョーヌM91426(BF074096)[中古] 
「それはそうだよね」 「バカらしくて。だって私、伊都子のこととても大切にしているのよ。友達と揉《も》めるたびにいつもあの子の味方になってかばってあげていたのに」  そこで会話が途切れた。  僕はぬるくなったコーヒーに口をつけた。  静かな会話が少しずつ積み重ねられたような心地よいざわめきの中で�アイ・ドント・ウォントゥー・トーク・アバウト・イット�はエンディングを迎えようとしていた。  彼女の長い睫《まつげ》の間から涙がみるみる溢れて、やがて零《こぼ》れ落ちた。  とにかく何かを話さなくてはいけないと僕は思った。好物の昆虫を前にしたカメレオンの目のように僕の思考は気づかれないように注意深く、角度を変えながら激しく動き回った。  僕は昨日読んだばかりの話を思い出して彼女に伝えることにした。ただし、これは英語で書かれたライナーノーツで、辞書も引かずに読んだから間違っているかもしれないけどねと注釈をつけて。  それはスウェーデンの四人組のロックバンドの話だった。男二人、女二人の二組のカップルで構成されたそのバンドはチームワークもよく、音楽的にも経済的にも誰もが羨《うらや》むほどの成功を収めていた。やがて彼らはスウェーデンを越え、ヨーロッパをも越えて世界的な名声を勝ち得るところまでのしあがっていった。ところが、世界制覇を果しつつある頃に四人に異変が起こり始める。ボーカルを担当していた女の子が、もう一人の女の子の彼氏を奪ってしまい、二人の男と同時に付き合い始めてしまったんだ。四人のグループの中で、彼氏を奪われてしまった子は一人完全に孤立してしまう。自分の彼氏だった男と、彼氏を奪った親友とその彼氏、その三人に囲まれてワールドツアーを続けていくという悲惨な状況になってしまったんだ。彼女は当然、ツアーに参加したくなかったんだろうけど、しかしスウェーデン国内ではボルボに次ぐといわれるくらいの莫大《ばくだい》な外貨を稼いでいて、それはもう、ひとつの巨大な企業のようなもので、女の子一人の意志などでどうこうできるような状況じゃないんだよ。で、彼女は張り裂けんばかりの胸の痛みと、孤独感や屈辱感を抱え、それに耐えながらワールドツアーを続けて、その心境を次々に歌詞として綴《つづ》っていく。彼女がその悲しみを歌に託して、その歌を自分の恋人を奪ったボーカルが歌うという異常事態が続くんだ。しかも、その歌が次々と世界的な大ヒットになっていく。  彼女はアイスティーの入ったグラスを時々ストローでかき回しながら、黙って僕の話を聞いていた。 「どう思う?」 「せつない話ね」 「でね、僕がそれを読んで思ったことは、本当に幸せになったのは一体誰なんだろうということなんだ」 「つまり、彼氏を奪ったボーカルと歌を作った人?」 「そう。本当にどれもが透明感のある繊細で美しい、きっと何十年も残っていくような曲だよ」  フーッと彼女は小さな溜息をついた。そして、それっきり黙りこんでしまった。  僕も何だかゼンマイの切れかけたブリキのおもちゃのように疲れ果て、ぐったりと黙りこんだ。  彼女は何も言わなくなりぼんやりと外を眺めていたので、僕も何となく外を眺めることにした。そこには僕が初めて体験する、少しも秋らしくない東京の秋の風景があった。
表示ラベル: